ページトップへ

飯村モデルハウス | 注文住宅 愛知県豊橋市 神谷綜合建設

飯村モデルハウス

飯村モデルハウス

自然と暮らす。
自然に暮らす。

目立つことよりも、自分らしくあることを大切にしたい。
一瞬の華やかさよりも、長続きする居心地のよさを選びたい。
一見ふつうなのに、使ってみればその良さがわかるものが好き。

「カミヤの家 - 飯村モデル - 」は、
そんな住まい手の方々をイメージしてつくられました。
大きな吹き抜けによって、縦にも横にもつながった空間。
無垢の木が生み出すぬくもり、そしてなつかしさ。
薪ストーブの火を囲んでの家族団欒(ペットが寝そべるスペースも!)。

カミヤの家をつくるために、
私たちは≪自然のちから≫を味方にしました。
自然のちからとは、の5つ。
モデルハウスに息づく ≪自然のちから≫ を、
ぜひ体感してみてください。

  自然と暮らす。 自然に暮らす。

 

外観 外観

木と白壁の組み合わせが、何とも言えないあたたかみをかもし出す外観。屋根に突き出した薪ストーブ用の煙突が、いい雰囲気!屋根の上には次世代ソーラーシステム「そよ風」の集熱ガラスが取り付けられています。

 

1階
リビングとダイニングが一つに

リビングとダイニングが一つになった空間。薪ストーブの温もりは吹き抜けを通して全館に行き渡ります。

リビングダイニング

吹き抜けからのトップライトで、リビングダイニングは一日中明るい光に包まれます。わざとあらわしにした梁と、無垢材の床が心を和ませて。

 

和室

リビングとひと続きになった和室は、小上がりにして、テーブルに座った人と目線が合うように計算して設計されています。

写真でご紹介しています

玄関

1階   2階

 

玄関
玄関

傾斜地に建つモデルハウス。その特徴を活かして、玄関と1階をスキップフロアのように階段で結び、高低差を利用して大容量のクロークを設置しました。

 
ペットシャワー
ペットシャワー

「飯村モデル」のコンセプトの1つ、“ペットと共にある暮らし”。
デッキにはペット用のシャワーが取り付けられています。室内の床にも、滑りにくく傷がつきにくいナラ材を使用しています。

打ち合わせルーム
打ち合わせルーム

薪ストーブのやわらかいぬくもりや、次世代ソーラーシステム「そよ風」の空気感を体感しながら打ち合わせができる打ち合わせルーム。

図書コーナー
図書コーナー   図書コーナー

リビングから見上げた位置にある図書コーナー。宿題をする子供たちが、母親の気配を感じることができます。

モデルハウスを支える5つのちから

光・風・火・木・土

のちから

南に大きく窓をとれば、明るく、快適な家が実現するというものではありません。夏の直射日光を遮り、冬のやさしい光を採り入れるにはどうすればよいか。お隣と鉢合わせせずに、十分な採光を確保するにはどうすればよいか。それらは、設計のプロにしかできないこと。

カミヤの家では、どのような土地に建てても十分な採光が得られるよう、設計のプロが計算しつくしたプランをご提案しています。三方を建物に囲まれた土地や、奥に細長い敷地でも大丈夫。明るい家が実現できます。

  光のちから

のちから

カミヤの家は、次世代ソーラーシステム「そよ風」を採り入れています。

「そよ風」とは、太陽熱や夜間の放射冷却を利用して、屋外の新鮮な空気を暖めたり冷やしたりして室内に導入するというもの。そよ風の名の通り、人体にやさしく、環境にも負荷をかけないやわらかな空気が、カミヤの家を包んでいます。

  風のちから
冬の太陽熱、夏は放射冷却による冷気を採り入れて、快適な空気を送風口から室内に送り込む「そよ風」。機械で強制的に動かすのではなく、自然の力を最大限に利用する、次世代型のパッシブソーラーシステムです。

のちから

リビングにあかあかと燃える火。いつの間にかそこに家族が集まり、特に言葉を交わさなくても、満ち足りた思いが広がる。

そんなひとときを大切にしてほしいという願いをこめて、カミヤの家では薪ストーブをリビングの中心に置きました。ペットが寝そべるように、床の一部はタイルにしました。冬の訪れが愉しみになるかもしれませんね!

  火のちから

のちから

がっしりとした梁。無垢材の床。日本人に生まれて、木の家がキライという人は、まずいないのではないでしょうか。

カミヤの家にも、人を癒してくれる木のちからが最大限に生かされています。床材には傷がつきにくいナラ材を使うなど、日頃のメンテナンスにも配慮しました。家にぴったりの、無垢材を使った家具もオーダーできますよ!

  木のちから

のちから

当たり前のことですが、家は土地の上に建っています。土地にもいろいろな形があり、真四角で平坦な土地は確かに家を建てやすいのですが、ちょっと癖のある土地は土地で、個性的な家を建てられる可能性を秘めています。

カミヤの家も、段差のある地形をいかしています。しかも、土地に対して建物をわざとずらして建てています。それはなぜでしょう?段差のある土地をいかして、どんな家が建っているの?

それはぜひ、あなた自身の目で確かめてみてください。

  土のちから
model house

カミヤの家

飯村モデル
〒440-0835 豊橋市飯村南4丁目1-23、24
【営業時間】 10:00~18:00
【定休日】 水、木曜日・長期休暇
地図はこちら

お問い合わせはこちらから

TEL:0532-75-1804

もしくは本社

TEL:0532-48-5252
お問い合わせフォーム

スタッフが常駐しておりますので、直接お越しいただければご案内できます。