スタッフブログ

測ってます【河合】

2021/08/17(火) 営業部 河合の日記

こんにちは。神谷綜合建設の河合です。

 

 

 今回は作業の一環として実施していることについて少しご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

上の写真は家の気密測定を行っている風景です。

 

 

 そもそも気密測定とは…

家の隙間の面積を専用の機械を使って計算する事なのですが、この計算によって割り出された

気密性の値(C値)が0に近いほど理想とされます。

 

 

え、C…値…?

むずかしいですよね。これは『隙間相当面積』を意味しまして、一般的には1㎠/㎡が理想とされて

いるのが1つの基準になります。

 

要するに、床面積1㎡につき1㎠の見えない隙間が家に点在している事になるのですが、総面積と

してはハガキ1枚分に相当します。

 

 

突然ですがここで問題です。 

 

それが物件によって2枚分だったり0.5枚分の値だったりするわけなのですが、これによって室内の

暖かさ、寒さとして顕著に現れると思いますでしょうか?

 

 

…実はこれだけではそこまでの影響は無いのです。

これは鉄筋コンクリート造なのに寒いマンションと似たような意味で、十分に「断熱」もできていない

といくら気密の数値が良くても結果は夏は暑く、冬は寒い室内に。

 

 

つまり「気密」・「断熱」の性能はイコールではないので気密だけの数値をアピールするような過剰な

営業トークにはくれぐれもご注意くださいませ…

 

 

イベント情報など配信中!
個別トークでご質問にもお答えします。

友だち追加

 

インスタで最新画像もチェック!

 

住まい・デザイン・注文住宅・二世帯の暮らし

光・風・自然素材、カミヤの家
神谷綜合建設は豊橋市にある工務店です

記事一覧

1ページ (全110ページ中)

ページトップへ