外部に木を使った結果【大谷】

こんにちは大谷です。

 

自宅をカミヤで建てて8年程経過しました。

 

外壁の一部に杉板を使用し、当時 無垢の木のそのままの色を生かしたいと

いう事で、オスモの無色(クリア)塗装を自分で塗り、念の為2回程重ね塗りした記憶があります。

 

新築当時

こんな感じで希望通りの色となりましたが、

 

 

8年、何もせずにほったらかしにしていたら

 

こんな感じで色は抜け、黒染みのある灰色ぽくなってしましました。

 

 

面倒くさがりな自分なので仕方ないです。。

 

 

それでも屋根(軒)も出さず、南面に位置する為、雨風はもろにあたる所ですが

想像以上に劣化が早かった為、メンテナンスのタイミングを逃してしまいました。

もちろん、木の下に防水シートが貼ってあるため雨漏れ等の心配はないですが

見た目的にはあまりよろしくないですよね。。

 

元に戻すには板をけずったりしないといけないし、かなり手遅れ感があります。

 

 

外部に木を使う際は、塗料の選定や、メンテナンス、色の変化そういった所を

理解せずに、使ってしまうと後悔することもありますので注意が必要です。

 

 

今後も、何年か経った後の家の変化や、良かった点、後悔な点等も上げていきますので

皆様と共有できたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報など配信中!
個別トークでご質問にもお答えします。

友だち追加

 

インスタで最新画像もチェック!

 

住まい・デザイン・注文住宅・二世帯の暮らし

光・風・自然素材、カミヤの家
神谷綜合建設は豊橋市にある工務店です

1ページ (全129ページ中)