スタッフブログ

大屋根の車寄せを設けた家 G様邸まもなくスタートです 【山田】

2011/02/09(水) 設計部 山田の日記


皆さんこんにちは、設計部の山田です。


2月に入り節分も過ぎ、少し寒さが和らいだように感じます。
節分は一年の境え(初め)と考え、家造りでもこの日を境えに考える事の多い日です。
節分も過ぎましたので、この業界も活発的に動いていくのではないでしょうか。


明日からは豊橋の奇祭鬼祭りが行 われます。
我が家では、ここ数年毎年見に行っていました。
今年も、明後日の祝日に家族で見に行く予定です。

娘は小学生なので、昨年の時点で怖がらなくなりましたが、
息子は、まだまだ怖がってくれる事でしょう。
子供達が、怖がってくれるうちは、見に行きたいものです。

先日の節分は、自宅で豆まきをしました。



可愛い鬼のお面しかなく、少し物足りなさを感じていたのですが、
このお面を付けた母親に、息子は大泣き・・・
鬼が怖かったのか、それとも・・・

鬼祭りの前のいい予行練習となりました。



さてここからは現場のご報告です。



□豊橋市御園町 シンプルな箱型の家 O様邸の現場です。

内部工事は順調に進んでいます。
仕上工事前の下地処理も、粗方終わりました。



  

この後は、仕上工事を進めていきます。
仕上工事が終わりますと、建具や器具等の取付けに入っていきます。

  
O様、先日の現場での打合せ、お疲れ様でした。
決めなければいけない事も、ほぼなくなってきました。
打合せが必要になりましたら、連絡させて頂きます。

色々とお忙しいと思いますが、お時間がありましたら現場に遊びに来て下さい。
又、気になる事等ありましたらお気軽にご相談下さい。



□豊橋市神野新田町 大屋根の奥行きのある広縁を設けた家 A様邸の現場です。

地縄張りも終わり、建物位置の最終確認がおわりました。



現場は、地盤改良工事に入っています。



今回の地盤改良は、湿式の柱状改良です。

柱状改良とは、基礎下になるヶ所に柱状の孔をあけ、粉状のセメント系固科材と水を、
プラントで混ぜ、地中で土と混ぜながら柱状の形にしていきます。
杭側面の摩擦で、家の重さを支え、沈むのを防ぐ考え方です。

現場では、杭の高さ・位置・大きさ等を確認します。

A様、いよいよ現場がスタートしました。
現場の進捗状況も随時ご報告していきますので、宜しくお願いします。

また、先日は打合せお疲れ様でした。
今後も打合せのお時間を頂く事が増えると思いますが、
『カミヤの家造り』に、楽しんでご参加下さい。
少しでも気になる事がありましたら、お気軽にご連絡ください。



□豊川市一宮町 大屋根の車寄せを設けた家 G様邸スタートです。

新しく、G様邸がスタートします。






G様邸は、大屋根の下を車寄せとし、ファサードとしています。
道路側を閉じ、庭側へ開いた雰囲気を出す事を一番に考えました。
庭側には大開口を設け、外と繋がるような雰囲気を感じる事が出来ると思います。


計画のお話を頂いてから長い時間をかける事が出来ました。
長い時間掛りましたが、無事に着工を迎える事が出来る事を、大変嬉しく思います。

又、先日は地鎮祭を無事に執り行う事が出来ました。
地盤調査も終わりましたので、造成工事完了後、
準備が整い次第、基礎工事に入っていきます。




G様、間も無く現場がスタートします。
『カミヤの家』造り、今まで通り積極的にご参加下さい。



◆◇住まい・デザイン・注文住宅・二世帯の暮らし カミヤの家◆◇
   神谷綜合建設は豊橋市にある工務店です 。

記事一覧|2011年2月

ページトップへ