スタッフブログ

ETC事件【大谷】

2012/04/30(月) 営業部 大谷の日記


ゴールデンウィークですね。


第二東名の開通もあり、高速道路を利用して遠方へ
お出掛け なんて方も多いかと思いますが


私は、高速道路に乗るたび思い出す事があります・・・・。



まだETCが導入されて間もない頃、

私の車にはETCカードを差し込む車載器がついていませんでした。
と言う以前に、そんなものが存在する事すら知らず

ETCカード自体に電波を受信するものがあり、それが
反応してETCレーンバーが開くものだと・・・勝手に思い込んでいました。


そうすると ご想像通りの 展開がやってきます。




ある日

出張で関西へ行く際、会社から 「これ使っていいから」

ETCカードを渡されました。


これが噂のETCカードかあ~ なんて浮かれ気分で
フロントガラスの前にカードを置き、自分の車を走らせました。


好きな音楽を口ずさみながら、下道を走ること30分、
いよい高速道路の入り口が見えてきました。


音楽のボリュームを上げ・・


少し有意義な気持ちで 迷わずETC専用のレーンへ・・・


スピードをゆるめ、姿勢を正し、ハンドルを握る手にも力が入る・・・


段々と近付いてくる ETCレーンのバー・・・


高まる緊張・・・・・さらに近付くバー・・・


・・・異様に近付くバー・・・


・・ん~開かない! 


ブレーキぺダル強く踏み、車はバーぎりぎりのところで停止。

 
「まさかぁ~」と
 思い


ETCカードを持って車から降りる・・。


カードを上にかざし 反応する所を探す僕・・。



その光景は、水戸黄門で印籠を掲げるシーンに近かったであろう



後ろで渋滞していたトラックの恐い運転手がなんか叫んでいる。


完全に殺される・・と思いながらも、振り返ると


バーの手前にある通行権を取ってくれていた。



その後、車に乗った私は
その日、最も高速で高速を走った男かもしれない。



こんな恥ずかしい思いは、一生忘れないだろう・・・。








住まい・デザイン・注文住宅・二世帯の暮らし  カミヤの家
神谷綜合建設は豊橋市にある工務店です



記事一覧|2012年4月

ページトップへ