一喜一憂  【中川】






こんにちは、神谷綜合建設の中川です。




先日の日記にも書きましたが、またこの週末、各地では大荒れのお天気となってしまいました。



毎週末になると・・・なんて書きながら、そう言えば去年あたりもこんなこと書いた記憶があるなぁ、
なんて思い、ちょっとこの日記を読み返してみましたが、そんな記事は見当たらず。



確かに書いた記憶はあるのですが、果たして去年なのか、一昨年なのか、はたまた・・・。
結局見当たらず諦めましたが、記憶だけに頼るのは、限界がありますね。




過去の出来事と言うのは、楽しい事も、辛い事も、全てが今の自分の礎になっているはずですからね。


忘れてしまったり思い出せないのはやはり悲しいので、昔みたいに
日記でも(ブログじゃなくてノートの)また始めようかな、なんて思うこの頃です。





先日何の気なしにぐるぐるインターネットを見ていたら、ちょっと興味をそそる記事に出会いました。



渋滞、スーパー、飲食店...なぜ隣の列のほうが速く進んでいるように見えるのか?

と言うタイトルの記事。 サイトはこちら → クリック




せっかちな僕は、こう言うのいつも気になる質なんですよね。
確かに、高速道路で渋滞が始まると「どっちが早く進むかな」なんて考えたりしてしまいます。




どんな心理が働いているのだろうかと読んでみましたが、その記事のよると、
何でも「自分が一番重要だと思っている」からこそ働く心理状態なのだそうです。


まぁこれはひとつの”説”ですので、これが正しいとは言えないと思いますが、
でも、自分が深層心理ではそう思っているのかも、と思うと、何か落ち着かない気分になります。

何となく、言われてみると納得してしまいますからね。




まぁでも、例えばとなりのレジの方が早く進んだとしても、そこで記事にあるように、
「自分の味方をしてくれない」などとは、思ってはいけませんよね。


毎度毎度、一喜一憂していたら、なかなか心がもちませんものね。



結局の所、目先の事象にとらわれず、先を見越して進んでいく事が大切なのかな、って思います。
ついつい何でも一気に突き進んでしまう自分には、ちょっと難しいなと感じてしまいますが。




明日から何も考えずにレジに並ぶ事ができるかどうか・・・。


僕も36歳になりましたから。どんどん突き進むだけでなく、落ち着きも必要ですよね。
でも多分、「こっちの方が・・・」って考えてしまうんだろうな。




中川




住まい・デザイン・注文住宅・二世帯の暮らし  カミヤの家
神谷綜合建設は豊橋市にある工務店です

1ページ (全132ページ中)