家庭菜園  【中川】





こんにちは、神谷綜合建設の中川です。



今日は暑くなりそうですね。



今朝、一年生になる娘は長袖の体操服を着て出ていきましたが、
多分今日は、暑さでヘロヘロになって帰ってくると思います。


もうすぐ小学校初めての運動会。練習にも力が入っている事でしょう。




今日はYAHOO!ニュースの記事から話題をひとつ。



「家庭菜園がブーム、関連業界も活況 でも4割が1年続かず?」
記事はこちら→クリック


なんてニュースがありました。




家庭菜園。最近身近でも良く聞く話題ですね。



豊橋市でも、市が土地を貸し出してやってますよね。

うちの父親も「当選したぞ」って喜んでいましたが、
場所が結構大変なところな上に、金額もまあまあの価格だったので、
正直どうなんだろうな?なんて思っておりました。



豊橋市の実態はわかりませんが、4割は1年続かずと聞くと、
まぁそんなもんなんだろうな、と思いますね。




我が家は今、結構広い敷地のある一軒家を借りて住んでいるのですが、
自分で休みの日に重機とダンプで土の入れ替えをして畑を順々に増やしていっております。


結婚してしばらくはアパートに住んでいたのですが、妻の
「どうしても畑をつくりたい」との熱望から、今の所を探して引越しをしました。



うちの場合は妻のこだわりで無農薬、有機栽培で野菜を育てているので、
植物はもちろん、土から何から管理が大変みたいです。


これを趣味で、離れた場所でやるのは結構大変だろうな、と思いますよね。
うちの父親(妻の父親もやっているみたいですが)は今後どうなる事でしょう。




でもこれからの時期、朝の食卓に庭先で採れた野菜が並ぶって、結構良いものですよ。


食事中に「二十日大根とってきて」とか「パセリちぎってきて」とか言うと、
上の娘はもう分かっているものだから、ハサミを片手に外へと繰り出し、野菜をとってくる。



植物の名も覚えますし、何より、自分で育てた新鮮でおいしい野菜を口にすると、
食へ対する意識も高めてもらえるので、いろんな意味で良い事だなと思います。




朝が気持ち良いと、一日、なんか気分良いですからね。
仕事も何事も、スムーズに進められればと思います。




神谷綜合建設  中川






住まい・デザイン・注文住宅・二世帯の暮らし  カミヤの家
神谷綜合建設は豊橋市にある工務店です



1ページ (全132ページ中)